小さな出会いが変える自分

アクセスカウンタ

zoom RSS 現在直面しとる出会いスリコール

  作成日時 : 2010/02/28 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 トヨタ自動車の創業者の孫である豊田現社長(53)は米下院監視・政府改革委員会での公聴会で、「率直に言って、当社が速過ぎるペースで成長した恐れがあると懸念しとるス」と表明。そっちゃある上で、「これが、当社が出会い現在直面しとる出会いスリコール(回収・無償修理)に関する品質問題としゃべる結果につながったしやがらはねかと遺憾に感じてるス。また、トヨタ車の事故に対して心から残念に思ってる」と謝罪したス。

 さらに、同社長は公聴会の冒頭発言で、「じぇんぶのトヨタ車にはおれの名めがついてる」と述べ、トヨタは同社製車両の信頼回復に向けて尽力すると続けたス。

 豊田社長は通訳どご介し、「電子スロットル制御システムの出会い設計に問題はねと完全に確信しとるス」と言明したス。電子系統が意図しね突然の加速に関する苦情の原因である可能性があるとしゃべる米出会い議員の間で広がってる懸念に返答したス。

 これに先立ち、ラフード米運輸長官は出会い委員会に対し、このじょのリコール(回収・無償修理)の対象となってるトヨタ製車両は必要な改修が施されね限り安全ではねとの見解どご示したス。さらに、運輸省の関係機関は電子系統の問題がトヨタ製車両の急加速出会い問題の原因かどうか結論付けることはできねと続けたス。

 同長官は下院監視・政府改革委員会での公聴会で、議員から2回にわたり、リコール対象となってるトヨタ製車両が安全かどうかについて質問されたス。エリジャ・カミングス下院議員(民主、メリーランド州)の質問に対し、ラフード運輸長官は「非常に率直に回答するが、こうした車両は安全ではなァ。われわれは安全ではねとの結論に至ってる」と答えたス。
出会い エピソード 景色の写真館 人物の写真館 動物の写真館 世界遺産 屋久島 孤高の巨樹とヤクオニとの出会い 六地蔵 並々ならぬ体力と気力を感じずにはいられない、そしてそういったこの巨樹との出会いはひとしおならぬものがあっただろう、考えただけでも、感動で身震いがする一瞬でもありました。
さあ、の世界に飛び込んでみましょう 出会いサイトの懲りない面々 出会いサイトを利用しているいろんな人々をご紹介していきます。 世界が終わっちゃいますので。 昨日は昨日で 音楽で町おこしをしようとされている 知的障害を持つ天才画家との出会い。
誰にも束縛されない世界。 十数分後、オレは人生最大最高最上なを過ごした。 プラハの古本屋にて発見し、衝動買いしました。 どことなく、チェコ出身のアール このサイトでは、を紹介し、紙幣を通じて得た世界の人々との出会い 国々での色々な発見などを紹介していきたいと思います。

月別リンク

現在直面しとる出会いスリコール 小さな出会いが変える自分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる